為せば成る

創始の志を胸に輝き続ける

理事長挨拶・スローガン
2020年度の理事は「アツい!!」

稲沢をもっと
楽しいまちに変えたいイナ!

を合言葉に、どんどん情報発信中!
あなたも一緒に盛り上げましょう!会員募集中!

稲沢JCについて

青年会議所について

青年会議所とは

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。

共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。
1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、全国に青年会議所があり、修練・奉仕・友情の三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行 政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開 しています。

青年会議所の特徴

青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。
こ れは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢 な行動力の源泉となっています。各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊 富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議 員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

(一社)稲沢青年会議所

1973年5月17日に当時の稲沢市、祖父江町、平和町そしてその周辺地域の青年50名が集い、
(一社)一宮青年会議所のスポンサーのもと全国で533番目の青年会議所として誕生いたしました。
創立以来、地域の中で認められ、期待される団体として成長し1981年 に社団法人稲沢青年会議所として生まれ変わりました。
以後180名を超える卒業生を輩出し、明るい豊かな社会を目指して邁進しております。

入会について

40歳までの青年経済人が集い、地域に根ざした
運動をもとに、県内、日本全国、そして世界へ。
様々な機会で得られる「感動」や「体験」で
あなたを次のステップへ。

入会のご案内

創立宣言文

我々青年50名は、あすの稲沢市および周辺地域の正しい発展を願うが故に、正義感あふれる若さと英知を集め、会員相互の友情はもとより、指導者的訓練を基調とした自己修練に励み、経済、社会、文化等に関する諸問題を調査研究し、その成果を稲沢市を中心とする近隣地域社会におよぼし、更には日本青年会議所、国際青年会議所の組織を通じて、世界の平和と繁栄に寄与できることを確信して、ここに稲沢青年会議所の創立を宣言いたします。

1973年5月17日 稲沢青年会議所


 

理事長挨拶・スローガン

理事長挨拶


一般社団法人 稲沢青年会議所
2020年度 理事長 大谷 典央

新年、おめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
平素は一般社団法人稲沢青年会議所に格別なるご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
皆様におかれましては、新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、2020年度のスローガンを「為せば成る~創始の志を胸に輝き続ける~」と掲げさせて頂きました。これは稲沢青年会議所が設立した志を忘れず、時代は変われど青年会議所は明るい社会の実現に向けて行動すると言う想いで掲げました。私たちが心を一つにして、そして、今まで繋がりを持たせていただいた行政・地域諸団体の皆様とも心を一つにして、地域のため、ひとのために、日々変化していく課題に立ち向かい、未来を創っていく。このような思いを込めて掲げさせて頂きました。
本年は、仲間と心を一つに活動し、メンバーが自己成長を遂げ、来る50周年に繋げる一年とするべく邁進して参る所存です。
結びとなりますが、皆様からも引き続きのご指導ご鞭撻をお願い申し上げると共に、皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

稲沢JC facebook

  

 

過去の事業はこちら